デジカメ大好き

シャッター音に心癒される日々の記憶

予期せぬ突入(19日編) 

前回笠間へポタった時は
帰路、予期せぬ峠に突入してしまったので

今回は逆回りで、石岡方面から大廻りで坂をよけてポタれそうなルートをグーグルで確認して出かけた

・・・にもかかわらず、坂に突入
グーグルマップでは、坂かどうかは解らない事が解った・・なんて、今更ながらの後悔先に立たず

こんな坂を何とか登ってきて
_IGP2345.jpg



ここが峠らしい
でも、ここが頂上ではないんです
_IGP2352.jpg
この道の両側にそれぞれまた登っていくルートが有ります

この日はそんな方向へ行く気はさらさら無く

自撮りなんてしてみます
_IGP2342.jpg



_IGP2348.jpg
この後、
笠間へ向かうダウンヒルは怖かった~~~

しか~し!、何を血迷ったのか
この4日後にまたここへきてしまうんですネ・・・ついにボケが始まったか??
CM: 2
TB: 0

緑の風 

元気に伸びる稲の緑

遠くにかすむ山並み

ポタジイは、こんな中をのんびり行くのがダ~イスキです

_IGP2337.jpg



_IGP2341.jpg



_IGP2338.jpg

CM: 0
TB: 0

金魚湯のある街角 

なんとなく北へ向かって漕ぎだして
いつもの二の宮から勢いで宇都宮へ

市内をうろちょろしていると迷いそうなので
旧4号を南下

「そうだ、栃木市 行ってみよう」
古い街並みが有る筈・・・

千葉の佐原の街並みに似ている
_IGP2322.jpg



_IGP2319.jpg



街中をいくと銭湯
その名は 金魚湯
_IGP2318.jpg



古い板壁
_IGP2325.jpg


のんびりポタを決め込んでいたのに
帰りの事も考えずに、うろちょろして案外な距離になってしまった。

CM: 0
TB: 0

海を眺める 

自転車を漕いで
太平洋を観に来たのは初めて

KIMG1117.jpg



KIMG1120.jpg



KIMG1121.jpg



CM: 0
TB: 0

 

自転車ッツぅ乗り物は
とにかく漕いでいれば前に進む・・訳で

どう漕ぐか、なんて事は気にしない・・のはいいけど
何処を、何処へ向かっているかは気にしていないと、迷子と言うより
軽く遭難状態になってしまう。

この日も適当に家を押しだされて
霞ヶ浦の休憩時に「そうだ、海 行こう!」 なんて事になり
354を北東に向かった・・まではよかった

R51に突き当って、左折
っと、以前ネットでみた 深作農園
大好きなバームクーヘンを買ってしまう
リュックに入れたらダメだというので、ちょうど一眼を持って来ていないフロントバッグにぴったりサイズの箱を選んで
お買い上げ
やっぱり、自転車と言えども容量のキャパは大きいに越した事は無い

・・で、肝心の海は????

R51をこのまま進むとマズイ事になりそうなので引き返して
354へ右折する直前の小路へ左折してみる

峠の名を冠する程の激坂を下りてみると、
出た  海だ!

昔昔湘南ボーイだった頃を思い出すなァ~~~
借りた車で湘南の海岸通りを走ったもんだよ

あの頃と波の音は変わらないけど・・・・・・・・

帰りの激坂
あと1mあったら、救急レスキュウで
心拍蘇生術を受ける羽目になっていたと思う

KIMG1124PSE.jpg
サーファーの彼と少し話をした
介護関係の仕事をしているという彼は、素敵な笑顔で「気をつけて」と言ってくれた。
CM: 2
TB: 0

どうする? 

適当にポタっていると
時々こんな処に迷い込んでしまいます

さて、この先どうしよう・・・
っと、一服して考える訳です。
_IGP2305.jpg
CM: 2
TB: 0

壬生の街並み 

駅で一服してから街並み散策

_IGP2290.jpg



_IGP2292.jpg


この格子戸の光景が記憶に有ったのです
_IGP2295.jpg



_IGP2296.jpg



_IGP2298.jpg
CM: 0
TB: 0

思い立って壬生 

6月26日ポタの続き

二の宮から道の駅下野へ
いつもは新4号を古河方面へくだるんだけど
今回は新4号を横断して壬生へ

何故壬生?かと言うと
いつの事かはわからいけど、古い街並みの記憶が有るので
とにかく向かってみる

一度道を尋ねただけで
目的地到着
方向音痴にとっては快挙!
_IGP2285.jpg



_IGP2284.jpg



_IGP2286.jpg



_IGP2287.jpg

街並みの様子は次回
CM: 0
TB: 0

26日ののんびりポタ 

この季節は本当に長閑です

田んぼでは稲が若草色にそよいで
いつまでも眺めていられます
_IGP2283.jpg


日当たりのいい堤防の土手
耳をすませば、野の花が、小声で唄っているようです
_IGP2279.jpg
CM: 0
TB: 0

▲Page top