デジカメ大好き

シャッター音に心癒される日々の記憶

坂野家住宅 

江戸中期の新田開発期に豪農としての礎を築いたといわれ
幕府の3000町歩に及ぶ大事業で、コメの生産拡大に尽力した

天保年間には二の宮金次郎が
荒地再興の任を帯びて屋敷に逗留し、村人に農業の仕法を施した

_IGP9620.jpg


重厚なたたずまいの母屋、本来武家屋敷に設けられる表門などのほか
幕府から派遣されてくる役人を迎えるため、
当主といえども普段は使えない、座敷部に式台を持った玄関など(上の写真の左側)
当家の格式がうかがえる

_IGP9622.jpg


幕末から明治にかけ
多くの文人や画家が集い創作活動の場となった月波楼という書院
現在はほとんど見られなくなったと言う硝子戸が残っている
透明度はかなり高いけど、表面が波打っているガラス越しに見る庭の佇まいは格別です

_IGP9623.jpg


_IGP9627.jpg
関連記事
CM: 4
TB: 0

コメント

No title

そ~そ~その表面が波打っているガラスね、
北海道伊達市の古い建物に残ってます。
良いなぁ~って思いました。
もしかしたらガラス越しに美人に見えるかも?って??(^ー^* )フフ♪

貴重ですよね。
大切にして欲しいです。

くぅ #Dv6DZoa6 | URL | 2013/02/14 09:43 * edit *

No title

先日私も坂野家住宅の近くを走行いたしました。
次回は、カメラに収めてみたいと思います。

デジイチは、バックパックに入れて背負いですか?

araita #FtJMunw. | URL | 2013/02/15 10:41 * edit *

くぅ さん

古の風情の香り

保存には気を使う所でしょうが
何とかいつまでも残しておいてほしいですね。

tettyan #- | URL | 2013/02/16 07:19 * edit *

araita さん

坂野家住宅は、内部も一見の価値が有ると思いますよ
是非お出かけください

カメラはリュックに入れて背負って居ます、
これではシャッターまで時間がかかり過ぎてしまうので、タスキ掛け等色々試しましたが
今のところ安全重視で、背負う以外に無いのが悩みの種です。

イナジイ #- | URL | 2013/02/16 07:27 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiss10d.blog48.fc2.com/tb.php/1123-51af7330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top