デジカメ大好き

シャッター音に心癒される日々の記憶

動感の練習 

以前、「猿の坐像」をアップしたとき
表現方法を変えて工夫してみる、という課題をいただいた

そこで、動感を表現出来ないかと、練習してみた

いくらお願いしても動いてくれそうも無い
IMG_2022_1_1.jpg


そこで、カメラを動かしてみる

IMG_2046.jpg


IMG_2049.jpg


IMG_2355.jpg


目標は、「顔がわかる程度に」と思ったが・・・・。

シャッター速度とカメラを動かす速度や量それに方向について
いろいろ試しては見たが、結果はごらんの通りで
初めてで何とかするのは、やはり無理だった

「練習する」と公言した手前
見苦しい画像のアップをご容赦いただきます。
関連記事
CM: 2
TB: 0

コメント

こんにちは

動感が得られるように撮るには、動いている
画像の中でも、どこかがとまっているといいですね。

普通は動いているものを流し撮りします、
でも、とまっているものは流し撮りはできません。

1つの方法としては、フラッシュを途中で焚く
ことがあります、フラッシュの光は一瞬なので
それが光っている間は止まって写せます。

動きのコントロールとフラッシュのタイミング
それから背景と被写体のそれぞれの露出、
難易度が高いですが、色々試してみると
成功する可能性もあります。

P_chan(匠) #vF6dOJDI | URL | 2006/10/10 09:34 * edit *

P_chan(匠)さん

師匠の記事のフラッシュのことは忘れていました

この画像のアップは
心霊写真のようで、どうしようか本当に悩みました
今は後悔していますが・・・・。

これまでフラッシュは使ったことが無いので
取説を読み直す必要がありますね
私心では有りますが、この課題は私には少し早いと思いますので、
「写真を撮る」という動作そのものに、もっと馴染む訓練が必要だと実感しています。

始めに御指導いただいた「作画意図」をファインダーに込める一点に集中したいと思います。

tettyan #- | URL | 2006/10/10 18:21 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiss10d.blog48.fc2.com/tb.php/147-7ab45266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top