デジカメ大好き

シャッター音に心癒される日々の記憶

坂野家 

月波楼

幕末から明治にかけ、二代続いた文人の当主の元には多くの書家や画家が訪れ、「月波楼」と名づけられた書院が活動の場となり、多くの作品が残された。
書院

天保年間、幕府より荒地再興の任を受けた二宮金次郎(尊徳)逗留し、村民に農業の仕法を施した。
このとき残した「書」が残っている。
20060210102102.jpg

私が訪れたときはあいにく母屋は保存修理中で見学できなかった。
関連記事
CM: 2
TB: 0

コメント

こんばんは

リンクありがとうございます。
趣のある空間ですね。
実際そこに立つと時間の重さを感じられるのでしょうね。
リンク返ししておきます。

saku #- | URL | 2006/02/11 18:06 * edit *

はじめまして♪

私のブログの訪問履歴から飛んできちゃいました♪素敵な写真ですね~私も最近、趣味のトップですよ。ぜひ、私のブログに遊びに来てください~

キミ #- | URL | 2006/02/12 00:27 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiss10d.blog48.fc2.com/tb.php/15-8321badb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top