デジカメ大好き

シャッター音に心癒される日々の記憶

一枝の紅葉 

木枯らしが吹く頃になって
この葉が落ちたら・・
_IGP0719.jpg


ファイルサイズについて
10M機で撮った画像よりも、8M機で撮った画像の方が大きい・・・何故だ
K10Dでは平均2M程度だけど、30Dだと5~6M有る

そこでExifを調べたら何となく解った

両機では、使うレンズの画角が違う
K10Dでは、90ないしは125㎜
30Dでは、12~75㎜
画角が広い方がファイルサイズが大きくなる

絞りは開けたほうが大きくなる

ヒストグラムの山が大きいほど大きくなる
つまり、明暗差やいろいろな色を捕らえた画像の方が大きくなる

自分なりに納得しちゃってるんですが
「間違っている」等、ご指摘があれば
どうか教えてください。
関連記事
CM: 4
TB: 0

コメント

上ばかり見ていたら、気づかなかったでしょうね~
私は、この葉っぱに気が付かなかったかもしれません。

キミ #ON.WrTpo | URL | 2007/11/11 19:16 * edit *

キミさん

紅葉にはまだちょっと早い時期で
この葉っぱが目立っていただけなんです

tettyan #- | URL | 2007/11/12 05:09 * edit *

そうなんだぁ~

ピンとして小枝になんだか胸を張ってくっついてる葉っぱ・・
かわいいね。

ファイルサイズ、
絞りやヒストグラムの山は、そうだろうなぁ~と思ってましたが、画角は知らなかった。
tettyanなんでも勉強しているから物知りだね。
また、色々教えてね。

くぅ #Dv6DZoa6 | URL | 2007/11/12 13:58 * edit *

くぅさん

自分でやってみて・・・
だけのことなので、正解ではないのかもしれませんよ

自分だけで納得している変な親爺です

以上

tettyan #- | URL | 2007/11/12 18:11 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiss10d.blog48.fc2.com/tb.php/421-d58e84b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top